ホーム > こう鉢のメーカー情報 > こう鉢メーカーをどう選べば良いかをお伝えします

こう鉢メーカーをどう選べば良いかをお伝えします

ここを見ている皆様の中には、こう鉢を業務で利用している方もいるのではないでしょうか。
こう鉢購入の際には素材やスケール、そのメーカーの最小発注数等色々な所を見て選ばなければなりません。
そんなこう鉢メーカー選びの際に一番大事な要件の1つに、一貫生産体制をとっているメーカーであるかという点があります。
原料を選定する所から出荷に至るまで全てを自社で行っているメーカーは、全ての工程において責任を持っているため、劣悪な原料を使ったり製造工程で不備があったりするとそれが直で自社の評判につながってしまいます。
そうした事からきちんとしたものを出荷してくれるという信頼感と、全てを自社で行うため細かなニーズに対し動きやすい体制にあるというメリットもあります。
このように安心感と技術力をこうしたメーカーは持ち合わせています。


次に選ぶ際にチェックしておきたい点は、様々な形状のこう鉢づくりに対応してくれるかという点です。
先述の細かなニーズに応えてくれるかといった設備的な問題以外にも、こちらの提出したイメージ案等をすぐに具現化し、生産出来るような対応力をメーカーの技術者等が対応出来るかといったマンパワー的な面の対応力というのも問われます。
その技術力を測るには、依頼しようとしているメーカーが他にどんな製品づくりに対応しているかという点を見て確認しましょう。
こう鉢以外にも同じ素材を用いた製品作りに多く対応しているような所は技術力が確かな所が多いです。
また、実際様々なメーカーに出荷実績のある製品の写真等が確認出来ればなお良いです。
そうした所は製品を見せても大丈夫であるという自負がある所が多いからです。


その他、様々な素材のこう鉢製作が出来るメーカーであるかどうかも確認しましょう。
セラミックを中心にムライトやアルミナ等の製作に対応してくれる所の方が依頼もしやすいですし、予算に応じての使い分けも出来ます。
サンプル品の貸し出しを行ってくれて、実際の製品の感触などを確かめさせてくれるようなメーカーも良いメーカーであるといえます。
やはり実際手に取ってみたり、自社の機械等に合わせてみたりしないと購入に踏み切る事が出来ないという企業も多いためこのようなサービスを提供している所もありますが、そのようなメーカーを選べば思っていたものとは違っていた等といったトラブルも少なく出来ます。
こう鉢メーカーを選ぶ際に見るべきポイントは様々ですが、自社に合ったメーカーを見つけるため妥協せず比較しましょう。