ホーム > こう鉢のメーカー情報 > こう鉢を選ぶ際のポイントはまずメーカーです

こう鉢を選ぶ際のポイントはまずメーカーです

最近ネットでこう鉢というのを発見しました。
一体こう鉢とは何でしょうか。
全く知らなかったのでインターネットで調べてみました。
ネットの情報によればそれは陶磁器を焼くときにその素地を火災などから保護し、鉢の中の品物が影響を受けないように考えられた特別な焼き物であるということです。
これは一衣帯水の国である中国から伝来した技術です。
日本に伝来して以来、どういうわけかそれは植木鉢として利用される事が多くなりました。
日本には盆栽という特殊な技術があります。
大切な盆栽を育てるのに最適なのがこう鉢というわけです。
こうした時代背景で日本においてもこう鉢はどんどん広がっているような状態です。
その美しさはひとたび経験した者でなければなかなか理解できませんが、一度でもそれを体験してみれば、それから病みつきになる事請け合いなんです。


もう少し分かりやすい例でこう鉢の使用例を説明致しましょう。
例えば私たちが素敵なレストランや喫茶店を訪問したとします。
そこには大きな植木鉢に植えられている植物を発見することがあります。
実はこの大きな植木鉢こそ、こう鉢なんです。
色々なサイズがありますし価格も様々です。
そのメーカーも実にたくさんありますので、選ぶのに迷ってしまうほどです。
こう鉢はお値段が比較的高価なものですから、失敗は許されません。
できればたくさんのメーカーから実際の植木鉢を取り寄せてから、現物を見てから購入を決断するのが一番良い方法です。
その際に当たり前ですが、その運送費はこちら側の負担となります。
それでもこう鉢の選定に間違うよりは遥かにマシな方策となります。
それを選ぶ際にポイントがあります。
どのようなポイントがあるのでしょうか。


こう鉢を選ぶ際のポイントはまずメーカーです。
信用と実績のあるようなメーカーを選びましょう。
それから大切なのはこう鉢のデザインです。
お店や自宅の雰囲気に適合するような素敵なこう鉢を選びましょう。
お値段はそれなりにお高いですが、そのしっとりとした肌触りと色合いは、見る者の心を慰めてくれます。
それで喫茶店などでは多少お値段が張りますが高価なこう鉢を設置しているのでしょう。
それから大切なのが実用性です。
実用性とはそこに植えられる植物をいかにして健康に育てることができるかということです。
いくらこう鉢が美しいとしても、その機能に優れていなければ植えられた植物はすぐに枯れてしまいます。
これらのポイントをチェックしながら、自分が一番気に入ったメーカーのものを購入すれば、成功までの道は半ばといったところでしょう。

次の記事へ