グローバル化が進んできており、今では多くの分野において進行してきています。とくにビジネスの世界においては急速に進んでいます。国際的な企業間競争もし烈となってきており、いかに効率よくビジネスをすすめていくか、が注目の的になっています。またこの流れは大手企業におけるものだけではなくて日本国内を活躍の場としているような中小・零細企業においても同様なのです。日本国内に進出してきているような国際企業との競争が厳しくなってきており、資金や人手に余裕の少ない中小企業・零細企業などは効率化が大手企業以上に求められているのです。そこで導入が図られているのが事務作業などの効率化、軽減化に役立つようなシステムなのです。とくに勤怠管理などは個人個人において勤務状況が変わってきます。それに人手で対応していると多くの労力と時間を必要としてきます。システム導入により多くの労力と時間を節約できるのです。


各企業の勤怠管理システム

今の企業では不正やサービス残業を撤廃するために勤怠管理システムの充実がされ始めています。大手企業ではサービス残業などをなくすためにカード管理や指承認などでの打刻申請などが多くあると思います。そこで、その場合の利点と欠点についてです。勤怠管理システムが紙での申請の場合は正確な時間の把握は難しいです。それが欠点になります。カード申請の場合はカードの貸し借りなどにより不正ができます。その対策としてクレジットカードを登録するケースもありますがそれにより、紛失時などの対処が問題になります。紛失時は会社じゃなく個人の問題になります。しかし、会社によってはいつもカードを身に着けなければいけない状況もありますので、その対応ができない状況でカード申請はいいとは言えません。それに比べ指での承認は個人でしかできない申請ですので、今の一番いい勤怠管理方法だと考えられます。


勤怠管理はタイムカードだけでは不充分

先日、某大手の教育商品販売をしている会社の個人情報が流出して大騒ぎになりました。その数は何百万件という壮大な規模になりまして捜査の結果、ある外部社員が逮捕されました。しかし社員は逮捕されてもすでにコピーして売り渡された情報を回収することは不可能な状態です。ここで問題なのは勤怠管理が結果的に問題がありすぎたということです。つまりタイムカードだけでは不充分だということを見せつけたのです。これから会社の勤怠管理で大事なのは情報がこのように安易に持ち帰れるような状態にしないことにあります。特に金銭扱う経理や個人情報を扱う部署の社員は外部社員を含めて室内には監視カメラを用意して逐一の行動を監視しないとなりませんし、部屋を入退出する際にはその都度手荷物含めてボディチェックを受けて作業をするだけの覚悟が社員にも会社の組織にも求められるのです。

どの勤怠管理ツールよりも使いやすいネクストタイムなら、最速本日から導入可能です。 ネクストタイムカードは同一の管理画面で交通費精算機能も管理できます。あわせて使うことでより便利になります。 紙のタイムカードは購入費・輸送費・保管費等、想像以上の経費を必要とします。ネクストタイムカードは一切必要ありません。 勤怠管理の作業を改善するならこちら